2024年02月25日

庭の土壌水分の記録システムを作ってます

 今年のミニトマト栽培は、水分管理をきちんとやりたいと思っています。そこで、庭の土壌水分を常時測定するシステムを作ろうと思いました。こういうシステムは作例がたくさんあります。多くは「自動水やり器を作る」という方向での作例です。

 一方、農業系の IoT の例として、温度などを自動取得して、データを保存したりユーザに通知したりする、という作例もまたたくさんあります。これについては、農研機構からめっちゃ気合の入ったレポートが出ています。

 2週間ぐらい前から具体的に作り始めて、一応設置までこぎつけました。自分史上最高難度の工作でした。まだ不具合があってうまく動いてないんだけど……

20240225-1.jpg

20240225-2.jpg

 ちゃんと動くようになったら、まとめ記事を書こうと思います。

Posted at 2024年02月25日 20:37:41

2024年02月13日

「リア王」(シェイクスピア、福田恆存訳、新潮文庫)

 シェイクスピアの戯曲は、大人になってからちゃんと読んだことがなかった。小学生の時以来の再読です。小学校の国語の教科書に最初の部分の抜粋が出てたんですが、今でも取り上げられてるんですかね? なぜ「リア王」なのか、ちょっと不思議な気はします。私は、国語の教科書の続きが読みたくて、家にあった「世界文学全集」(河出書房)を引っ張り出して全編読んだのですが、まあ小学生には難しかったですね。例えば、冒頭に出てくる以下のやりとりなんかは、小学生には意味不明だった。

グロスター 育てたのはたしかにこのわたしです。人さまに自分の倅だと白状するのにずいぶん赤面したものですが、今ではすっかり面の皮も厚くなりましてな。

ケント とんと吞みこめませんな。

グロスター あれの母親はよく呑みこんでくれました。おなかがだんだん大きくなりましたわい。

(三神勲訳)

 今になって読み返して、「あーそういうことだったの?!」と納得した次第。50年越しの答え合わせです。

 今回読むにあたって、Amazonの「試し読み」で最初の2ページぐらいを読みくらべてみたんですが、一番しっくり来たのは福田恆存訳でした。上のくだりはこうなっています。

グロスター 育てたのは如何にもこの手です。問われて吾が子と答える度に赤面し、この頃ではすっかり面の皮が厚くなってしまいました。

ケント 何の謎か、さっぱり呑込めませんが。

グロスター いや、それを、この若造の母親は実に見事に呑込んでくれましたよ、お蔭で段々腹が突出てくる、

(福田恆存訳)

 正直、この部分はそんなに雰囲気は違わないのですが、ひとたびリア王が登場すると、福田氏お得意の大げさな言葉使いが「劇だな!」という気分を高めます。

 作品の内容については、私が語ることなど何もありません。巻末についていた福田氏の「解題」が非常に面白かった。「リア王」成立の経緯や、影響を与えたと思われる作品の紹介など。それにしても、こんな古い作品について、「作品として登録された」日付や、初演された日付などが記録としていちいち残されているあたり、イギリスはすごいなと思いました。いろいろなものが即座に忘れられていくわが国とはだいぶ違います。

タグ:読書
Posted at 2024年02月13日 00:11:10

2024年02月07日

さくらのメールボックスに DKIM, DMARC 設定を行う

 さくらのメールボックスを使い始めてから、ほぼ1年が経ちました(「メールをリムネットからさくらに変えた (2023/02/24)」)。去年の年末だったんですが、家族の Gmail アドレスにメールを送ったら、届かなかったのですよ。で、なんかエラーメールが来る。

20240207-1.jpg

 最初は、先方のメールボックスが一杯とかそういう話じゃないかと思ったので、「なんかGメール届かへんで〜ちゃんとチェックしといてな」とか呑気に言ってたのですが、上のエラーメッセージをよく見ると、「おまえのSPFドメインから迷惑メールがたくさん来とる」とか言ってる。え、こっちの問題なん? っていうか、そもそも SPF ドメインって何??

 「さくらのメールボックス SPF」で検索すると、こんな記事がありました:「Gmailへのメール送信がエラーになって返ってくる現象でお困りのお客様へ」(さくらインターネット、2023/06/05)。どんぴしゃやん。これを読んで、ああ、Gメールは正しいことやってるんだ、こっちがちゃんと対応しないといけないんだな、と認識できました。Google はどうも色々なことを「使いにくい方向」に曲げていくので、昔のマイクロソフトみたいな「俺様ルール」を作りたがるのかな、というイメージがあったのですが、Gメールの件に関しては Google に従うのが世界の平和(ただしサイバー空間限定)に寄与するようです。

 で、これが去年の話。最近、神奈川県の公立高校入試システムがGメールに送信できなくて問題になってたじゃないですか。これも実はGメールじゃなくて送る側の問題なんちゃうの?と思って、「神奈川県立高入試 システム管理者」とかで検索してみると、やっぱり色々出てきました。その中で、「MX、SPF、DKIM、DMARC、ドメインの関係性、信頼度の理解」が重要、と書いておられる方がいらっしゃった(「神奈川県立高校受験出願メール問題から学ぶメール配信で注意すべき点」、柚人さん、note.com 2024/1/21)。うーん知らん言葉ばかりだな、と思って検索してると、またまたどんぴしゃなやつが出てきました:「DKIMおよびDMARC対応に関するお知らせ」(さくらインターネット、2023/12/20)。

20240207-2.jpg

 あーこれは対応せなあかんやつや。というわけで、頑張って(というほどでもない)対応しました。

20240207-3.jpg

Posted at 2024年02月07日 23:53:11
email.png