2022年01月04日

「他者の靴を履く-アナーキック・エンパシーのすすめ」(ブレイディみかこ著、文藝春秋)

 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」で話題になった「エンパシー」。「シンパシー」と似ているようで違う。「シンパシー」は「感情」だけど、「エンパシー」は「能力」なので、努力して獲得することができる、というところまでは、前著に書かれていた。しかし、著者はこの言葉がそこまで反響を呼ぶとは思っていなかったらしい。「エンパシー」について、ちゃんと日本語の読者に向けた解説を書かねばならないな、と考えて、「文學界」で連載記事を書かれた。それをまとめたのが本書とのことです。

(クリックすると Amazon の商品ページに飛びます)

 「ぼくは……」のような、気軽に読めるエッセイ風の本ではありません。初出が「文學界」であることからも分かる通り、非常に硬派な文章です。スタイルとしては、研究論文に近い。多くの文献からの引用を駆使して、「エンパシー」という言葉がどのように使われてきたかを紐解き、論者によってさまざまな解釈があることを紹介していく。このスタイルだったら、巻末に「参考文献一覧」を載せてもよかったのではないかな。

 その中で、著者自身はエンパシーと「アナキズム」との関連に強く関心を寄せる。本書の最後の方では、頻繁に「アナキズム(民主主義)」という表現が登場する。「上からの支配を拒絶するアナキズムは民主主義の本来の姿であり、それを健全な形で実現するためにはエンパシーの能力が欠かせない」というのが、著者がたどり着いた終着点のようだ。

 「上からの支配を拒絶する」という考え方は、若くして日本を飛び出した著者の生き方そのものでもある。本書の序文で、著者は「わたしは自他共に認める売れない書き手」だ、と述べているが、そりゃあね、「長いものに巻かれる」ことを美徳とするこの国で、一貫してアナキズムに共鳴するこの人の本が、爆発的に売れるわけがない。「ぼくは……」が売れたのは、単純な「母子の成長物語」として受け入れられたからでしょう。だけど、ブレイディみかこさんの本質はこの本の方だと思う。また、そういう前提で「ぼくは……」を読めば、読後感もまた違ってくるでしょう。

 これからの民主主義がどうなるのか、というのは、とても気になる問題です。前回の衆議院選挙でもそうだったんだけど、自分の意思を託したいと思える代表者がどこにも見当たらないし、かといって自分で政治に参加する余裕はない。このままで良いとは全く思えないのだけど、どうすればよいのかという代案も思いつかない。簡単には答えの出ない問題だけど、考え続けるのが大事なのかな、と思っています。

タグ:読書
Posted at 2022年01月04日 10:55:46

2021年12月31日

KiCad の勉強中

 だいぶ前に、トランジスタ技術 Special の「一人で始めるプリント基板作り[完全フリーKiCad付き]」という本を買っておいたのですよ。いつかはきっと、プリント基板を作りたくなるだろうから、と思ったわけです。

(クリックすると Amazon の商品ページに飛びます)

 今となってはこの本は古いので、これから買うならなるべく新しい本の方がよいでしょう。

(クリックすると Amazon の商品ページに飛びます)

 私が買った本も、上の新しい本も、Amazon の評価はあまりよろしくない。確かに、この本を見るだけで「初心者の人がすぐにプリント基板を作れるようになる」わけではありません。でも、これらの本を低く評価するのはちょっと違うのかなと思います。「回路図を CAD で描いて、そこからプリント基板のパターンを作成する」というのは、そもそも「難しい」内容なのです。自力で越えないといけないハードルがたくさんある。解説記事をまとめて一冊の本にしてくれているだけでも、十分ありがたいですよ。同じ内容を、プロにつきっきりで教えてもらったら、ものすごい授業料がかかることでしょう。たかだか3000円ぐらいの本に、「もっとわかりやすく書いて欲しい」というのは、甘えてるってもんじゃないかい?

 作りたい回路があるので、頑張って回路図を書いています。いろいろ手こずっています。そもそも、Mac 版はあちこち挙動不審なんだよな。たとえば、2つの部品が重なっているところ(配線の分岐点とか)で右クリックすると、下のような表示が出る。「明示的な選択」の下にある謎の空白は何なんだろう、と思っていたわけです。

20211230-1.jpg

 日本語化が不十分なのかも、と思って、設定を英語にすると、ちゃんと表示が出てきました。

20211230-2.jpg

 試しに、VMWare Fusion 上の Windows 10 に Windows 版をインストールして使ってみたところ、下のような画面になりました。そういうことやったんか! 完全に理解した!(いや、わかってないけど)

20211230-3.jpg

 KiCad は wxWidgets を使って作られているそうです。wxWidgets のポップアップメニューを使って、こういう凝ったこと(アイテムの横にカスタムアイコンをつける、とか)をやろうとすると、えらいめんどくさいんですよ。こういう電子工作系の界隈って、Mac を使っている人たぶんほとんどいないから、Mac OS X 版は「動くかもしれんけど、動かなかったらゴメンね」という位置付けになってしまうんでしょう。これはしょうがないね。素直に Windows 版を使うことにしました。VMWare Fusion でそこそこちゃんと動くしね。

 回路図を何とか書いて、部品との対応づけをして、3D 表示までやってみた。これは感動的だ。一週間ぐらいでここまで来ました。トラ技スペシャルちゃんと役に立ってますよ。

20211230-4.jpg

 といっても、今のところは「絵を描いた」だけです。肝心の配線がまだ全然なのです。まあ、ぼちぼち進めていきます。

タグ:工作
Posted at 2021年12月31日 10:05:20

2021年12月26日

M5 Atom Lite に手を出す

 久しぶりの電子工作ネタです。M5 Atom Lite というのに手を出しました。

20211225-1.jpg

 ESP32 pico というチップを内蔵していて、WiFi, Bluetooth, 4 MB のフラッシュメモリでプログラミングができます。だいぶ前に少し試した ESP8266 の進化形だと思えばいいのかな。むき出しのボードじゃなくて、モジュールになっているので、使いやすそうです。直接 USB に接続できるし。

 なんで手を出したかというと、ESP8266 で作った電波時計信号のシミュレータが動かなくなってしまったんですよ。電源が入らない。なんか原因を追求するのもめんどくさいんで、市販品を探したら、「M5Atom Lite/Matrix用JJYアンテナ基板」というのに出会った。基板は完成品だけど、ファームウェアは自分で書き込む。M5 シリーズはちょっと前から気になっていたので、ちょうどいいかと思って、買ってみた次第です。

20211225-2.jpg

 開発元である BotanicField さんの「標準電波 JJY もどきを M5StickC / M5Atom の Ticker で生成する」を見ながら、ファームウェアの書き込みを行います。

20211225-3.jpg

 動かしてみると、いきなり内蔵 LED が切れてしまいました。本当は JJY 信号と同時に LED が光るはずなのに……動いているのかどうか、わからない。Arduino IDE のシリアルモニタにはメッセージが出てくるので、動いてはいるようですが。

20211225-4.jpg

 自作の ESP8266 バージョンも、「動いているかどうかよくわからない」ところが難点だったのです。本体にメッセージが出せる M5 Stick にした方がよかったかな。

タグ:工作
Posted at 2021年12月26日 13:25:16
email.png