2022年06月26日

「朝日新聞政治部」(鮫島浩著、講談社)

 話題の本です。ほぼ一気読みしました。


(クリックすると Amazon の商品ページに飛びます)

 これは、鮫島氏自身の「栄光と転落の軌跡」を描いた本です。本の帯に「崩壊する大新聞の中枢」と大きく書かれており、朝日新聞社の組織論が主題になっているように見えるけれども、そこまで普遍性を持つものではない。描かれているのは、朝日新聞社の「特別報道部」があるきっかけで創設され、そこで鮫島氏が「自由な新聞記者」としての手応えを得たこと、異動を経て特別報道部に戻った鮫島氏が原発事故の調査報道で大活躍したこと、しかしネット世論に屈した朝日新聞社が鮫島氏らを切り捨てたこと、その後は自社への批判を許さない閉塞的な組織になってしまったこと、である。

 政治が好きな人にとっては、むしろ本書前半の政治部記者としての奮闘ぶりが印象深いかもしれない。私は政治の世界に全く疎いので、このあたりはかなり退屈だった。ただ、自民党の経世会・宏池会・清和会の関係について述べたくだりは興味深かった。もう少し掘り下げて知っておいた方がよさそうだ、と感じている。「現代の日本政治を知るための一般教養」として、ライトな層にも届くように、提供してもらえるといいなと思う。

 後半の「転落」の部分で、鮫島氏は、吉田調書がネット世論からのバッシングに会ったとき、ネットの世界についてあまりにも無知だった、と述べている。このくだりを読んでいて違和感を持ったのは、同じ時期に特別報道部が関与した「プロメテウスの罠」と「手抜き除染報道」についても、ネットで激しいバッシングがあったと思うのだけど、何も触れられていないことだった。特に「手抜き除染報道」については、鮫島氏自身も関わられたようだから、何らかの見解を示されてもよかったんじゃないか。

 全体として見れば、本書は新聞社の「変容」に立ち会った当事者の貴重な証言と位置付けられる。ここから「組織論」を組み立てていくためには、また別のアプローチが必要になるのだろう。特に、現在の大手メディアが権力に取り込まれていく過程は、もっと広く認知されないといけない。鮫島氏を初めとして、「元・大手メディアのジャーナリスト」が今後そういう役割を果たしてくれると期待しています。

タグ:読書 社会
Posted at 2022年06月26日 10:15:50

2022年06月18日

花たち、野菜たち

 ミニトマトは順調に育っています。今のところは特に虫食いはないけど、油断するとすぐハダニがつきます。今は週に1回ニームオイルの散布です。梅雨明けぐらいからは、毎日葉水をやらないといけないのかな?

20220618-1.jpg

 アイコとステラで、アイコが先行しています。やっぱり F1 品種の方が育ちが早いんですかね。

20220618-2.jpg

 キンジソウ。まだ勢いはそれほど強くありません。

20220618-3.jpg

 シソは勢いが出てきました。もう収穫できます。

20220618-4.jpg

 あと2株ぐらい欲しいと思っています。ミニトマトの脇に植えているんだけど、ちょっと葉の色がよくないんだよね。

20220618-5.jpg

 タネから育てている子たちです。スイートバジルはぼちぼちです。

20220618-6.jpg

 アサガオは順調に育っています。一番手前のだけ、根が浅いようです。上から少し土をかぶせました。

20220618-7.jpg

 ジニアも本葉がどんどん出てきます。本葉10枚になったら摘心して枝分かれさせるとよいそうです。これも、右下のポットだけ根が浅いので、土をかぶせました。

20220618-8.jpg

 ジニアの定植予定地です。半円の中に植えます。水はけが課題なので、パーライトを入れました。

20220618-9.jpg

タグ:園芸
Posted at 2022年06月18日 15:14:11

2022年06月11日

ブラック部活としての吹奏楽部

 吹奏楽部の「ブラック」ぶりについて、取り上げられることが増えてきました。生徒さんが自殺するなど、痛ましい事件が発生していることが、背景にあります。

 上記の記事の著者は、吹奏楽を「音楽」の一形態と考えた上で論考されています。しかし、現状の「コンクール吹奏楽」は、音楽ではなくて、団体スポーツです。「コンクールでの勝利を目標としている」吹奏楽部は、文化部ではなく、体育会系の運動部に分類すべきものです。「ブラック部活」問題として吹奏楽部を考えるときは、音楽云々の話とはいったん切り離した方がよいと思います。「行き過ぎた勝利至上主義」の弊害として、他の体育会系の部活動と同様に扱うべきでしょう。

 一方、吹奏楽を「音楽」として考える場合は、上記記事にある以下の視点が重要です。

そして学生ブラスバンド問題を複雑にしているのは、吹奏楽というジャンルの位置づけです。当然オーケストラではないし、軽音楽部でバンドを組むのでもない。どちらかと言えばクラシック音楽っぽい雰囲気だけど、そこまで伝統的な指導法があるわけでもない。なのに、妙な覚悟を要求される特別感を醸し出している。

 「音楽ジャンル」としての吹奏楽は、なんとも中途半端なのです。「クラシック音楽っぽいけど伝統を欠く」ことに加えて、「軍隊」および「体育会系応援団」(「應援團」?)との深い関わりもあります。一般の人が吹奏楽の音を耳にする最大の機会は、高校野球のアルプススタンドの応援でしょう。あれは、スポーツ観戦の一要素として楽しむものであって、「音楽」だと思って聴くものではありません。同じように「楽器を使って音を出している」ものであっても、目的が全く違うわけです。また、「吹奏楽コンクール」も「音楽を追求している」というよりは、「どれだけ技術トレーニングを積んだかを競う」大会になっています(この点については以前にも書きました)。

 私自身は、全く多数派ではないことは自覚していますが、「独立した音楽ジャンルとしての吹奏楽」があってほしいな、とずっと思っています。スポーツの応援のためではなく、コンクールで勝利を目指すためでもなく、音楽を音楽として楽しむための吹奏楽、です。基本は「クラシック音楽っぽい雰囲気」を目指すのだけれども、管楽器は弦楽器と比べて習得のハードルが低いので、英才教育を受けた人でなくても参入できるのです。音楽の裾野を広げるという点では、とても有用なジャンルだと思います。

 ただ、単なる仲間づくりのサークルではなくて、真剣に音楽を目指すものであってほしい。真剣に音楽を目指すならば、当然そこには厳しさが求められます。その厳しさは、「上下関係」とか「過労死ラインを超えた練習時間」とは全く質が異なります。美しい音を出すことと真剣に向き合うと同時に、自分の精神性とも向き合わなければなりません。上記記事からもう一つ引用します。これは、チェロ奏者イッサーリスの言葉とのことです。

本をたくさん読んで教養を身につけ、あらゆる芸術への評価眼を養って、幅広く文化的な素養をそなえることは、とてつもなく大きな満足とわくわくする高揚感を得られるのと同様に、重要だ。

 このような芸術的素養を自ら涵養した指導者が、音楽好きの生徒たちにそれを伝えることができる機会があれば、どれだけ素晴らしいことかと思います。中高の吹奏楽部では、これはなかなか難しい。コンクール至上主義で育った人が、大学で(音楽でない一般科目の)教員免許をとって教育現場に戻ってくる、という再生産構造があるため、「コンクールで勝つこと」以外の目標を設定することは困難ではないかと思います。コンクールの価値観が変わればいいのですが、それも難しい。いわゆる「市民吹奏楽団」が「音楽ジャンルとしての吹奏楽を普及させる」場になってくれればいいんですけどね。

タグ:社会 教育
Posted at 2022年06月11日 10:11:24
email.png