2022年08月09日

Lilypond Tips に追加しました

 "Ecliptic for Wind Orchestra" を Lilypond で浄書したのは9年も前のことです。最近また Lilypond を触り始めたので、当時開発したテクニックを思い出して、いくつか「Lilypond Tips」に追加しました。

 今さらですが、なぜ Lilypond を使うのかというと、(1) 「無料、かつ自由な」フリーソフトウェアであること、(2) 出力された楽譜が美しいこと、(3) テキストで記述できること、(4) カスタマイズが非常に柔軟なこと、によります。

 (1) の利点は自明でしょう。(2) の「美しさ」については Lilypond の開発者自身がこだわっていて、ドキュメントにも詳細に書かれています。昔 (2001 年ごろ) Finale も Sibelius も少し使ってみたことがありますが、どちらも出力結果があまり好きになれなかったのです。どちらかというと Sibelius の方が好きだったけど、まだ PC/Mac 版は出たばかりで、お試し以上の使い方はできなかった。後年、Lilypond を初めて使った時、出力を見て「ああ、これはきれいだな」と思いました。私は子供の頃から、印刷楽譜のフォントなどがとても気になるたちだったので、Lilypond の開発者のこだわりにはとても共感できたのです。

 (3) を利点と見るかどうかは、人によってずいぶん違うかもしれません。少なくとも私にとっては、マウスを使って音符を置いていくよりも、テキストをエディタで書く方がずっと速いです。ただ、速さの点だけで言えば、Finale もキーボードショートカットを駆使すれば同じぐらい速いのかもしれません。テキストベースであるため、一度コンパイルしないとどんな楽譜になるのかわからないのは、不便だと言えば不便です。私にとってはそれは「受容できる不便さ」である、ということです。大編成の長い曲だと、さすがにちょっと辛いけど。

 (4) のカスタマイズについては、とにかく「なんでもできる」と言ってもいいほどなのだけど、問題は「どうやったらできるのかがなかなかわからない」ことですね。ドキュメントを読んでもよくわからないことが多いので、「何かをやりたい」と思うたびに、膨大なメーリングリストのアーカイブを検索しまくることになります。一見簡単そうに見えることが、どうやったらいいのか皆目分からない、ということもよくあります。メーリングリストで質問に答えているベテランの人たちは、Lilypond が内部で何をやっているのかよくわかっているみたいだけど、その域に達するのはハードルがとても高そうです。

タグ:音楽
Posted at 2022年08月09日 08:16:55

2022年08月01日

花たち、野菜たち

 ミニトマトは鬱蒼と茂っています。わき芽を摘まない方針で、今のところ順調です。そろそろハダニが出てきました。葉水を毎朝かけて、さらに1週間に一度はニームオイルを噴霧しています。

20220801-1.jpg

 アイコに続いて、ステラの方もぼちぼち色づいてきました。去年もそうだったんだけど、やっぱり実が割れてしまいます。熟れるのに時間がかかるからじゃないかな、と思っています。庭木の陰になる場所なので、日照時間がなかなか確保できません。

20220801-2.jpg

 ハダニに加えて、青虫が若い実を食う事案も発生しています。オオタバコガのようです。けっこうな数をやられているので、対策を考えないといけません。ときどきアシナガバチが飛んでいるので、捕獲してくれるとありがたいのですが。

20220801-3.jpg

 キンジソウは元気ですが、葉の裏があまりきれいな紫色になりません。暑すぎるとよくないのかも?

20220801-5.jpg

 ジニアがようやく咲いてくれました。きれいなんだけど、思ってたイメージとちょっと違うんだよなあ。こんなに背が高くなるのは想定外だった。花もちょっと大きすぎた。まあ、今年はこの株をしっかり咲かせましょう。わき芽も出てきているので、花も増えるはずです。

20220801-4.jpg

タグ:園芸
Posted at 2022年08月01日 19:29:47

2022年07月20日

Nextcloudが突然不調→解決した?

 「Nextcloud が突然不調」「同(つづき)」のさらに続きです。どうやら、Authorization: Basic .... という HTTP ヘッダが PHP から見えてない、というところまでわかったので、ロリポップのサポートに問い合わせてみた。下の通り、「それは仕様です、モジュール版で試してください」という回答が返ってきました。

現在のサーバーの仕様では個別にプロセスを処理する CGI版のPHPでは、セキュリティの観点より apacheサーバーから authorization header を 受け取れない状態となっております。

(中略)

お手数ではございますが、PHP8.1(モジュール版)へ変更していただき 問題が改善されるか様子を見ていただけますと幸いでございます。

 やってみました。ロリポップ・ユーザー専用ページの「PHP設定」のところで変更する。有効になるまで 5〜10分程度かかるそうです。

20220719-1.jpg

 デスクトップクライアントからアクセスしてみると、通りました! 久しぶりに見たよこの画面。

20220719-2.jpg

 もう一度全消去して、一からインストールし直した。前回とほぼ同じだが、データベースを設定してインストールする画面から、「推奨アプリをインストール」のチェックボックスが消えている。ここは単に「インストール」とする。

20220719-3.jpg

 アプリをインストールする画面はここで出てくる。ファイルを同期するだけなら、別に追加アプリはいらないので、今回は「キャンセル」して先に進みました。

20220719-4.jpg

 無事インストールできました。

20220719-5.jpg

 今回は、最初からサーバの設定をもう少し詰めておく。まず、右上のメニューから「設定」を開く。

20220719-6.jpg

 「管理/概要」を開くと、少しの間内部のチェックが行われて、設定に問題のある箇所が指摘される。

20220719-7.jpg

 1番目の「PHPのメモリ制限が推奨値の512MB以下です。」というエラーは、どうしようもない。ロリポップのライトプランの仕様だと、モジュール版はメモリ制限を変更できない。このエラーは無視する。2番目の「リバースプロキシヘッダーの構成が正しくないか、信頼できるプロキシからNextcloudにアクセスしています。そうでない場合、これはセキュリティに問題があり、攻撃者がNextcloudを表示できるようにIPアドレスを偽装することができます。詳細については、ドキュメント↗をご覧ください。」という警告については、config/config.php に以下の記述を書き加えて対処する。

  'trusted_proxies' =>
    array (
        0 => 'xxx.xxxxxxx.xxx', (Nextcloud をインストールしたサーバのアドレス)
    ),

 3番目の「Strict-Transport-Security "HTTP ヘッダーの秒数が少なくとも"15552000" に設定されていません。セキュリティを強化するには、セキュリティのヒント↗で説明されているようにHSTSを有効にすることをお勧めします。」という警告については、.htaccess に以下の記述を書き加えて対処する。

Header set Strict-Transport-Security "max-age=15768000; includeSubDomains; preload"

 次に、「管理/基本設定」で、「バックグラウンドジョブ」として Cron を選択。

20220719-8.jpg

 適当な場所に、以下の内容で nextcloud_cron.sh というファイルを作成し、実行属性をつけておく。-f のあとは、Nextcloud のインストールディレクトリ中の cron.php をフルパスで記述する。

#!/bin/sh
/usr/local/bin/php8.0 -f /home/users/2/xxxx.jp-xxxxxx/web/xxxxx/cron.php

 ロリポップの cron 設定で、「毎月・毎日・毎曜日・毎時・5分ごと」として、ファイルパスに上で作成したシェルスクリプトファイルを設定する。

20220719-9.jpg

 Cronジョブがうまく実行できれば、「バックグラウンドジョブ」の「最終ジョブ実行」に表示される。

20220719-10.jpg

 同期フォルダを設定してファイル転送してみた。全部で 16 GB の同期が、1時間半ぐらいで終了した。今回は途中でエラーは一度も出なかった。モジュール版の方が動作が安定しているようです。

 一応復旧したので、またしばらく使ってみます。

Posted at 2022年07月20日 23:20:03
email.png