2021年10月12日

ロリポップのサーバにNextcloudを入れた

 仕事絡みの作業を自宅でやることが多いので、Google の「バックアップと同期」を使って、自宅の Mac と職場の Mac のフォルダを同期させていた。ところが、「バックアップと同期」のサービスが「パソコン版 Google ドライブ」に変わるという(Google ドライブ ヘルプ「Google ドライブの同期クライアントに関する今後の変更」)。これを機会に、Google ドライブから離れて、自前のストレージを確保したいと考えた。そもそも、無料のクラウドサービスに個人的なデータを預けるのって、かなり微妙な話ですからね。もちろん、クリティカルな情報は載せないようにはしているけど。

 初めは SSH が通るサーバを借りて rsync で同期しようかと考えていたのだが、いろいろ調べるうちに Nextcloud というソフトウェアを知った。これはオンラインストレージを構築するためのオープンソースのソフトウェアで、言ってみれば DropBox みたいなサービスを自前で作れるというもの。

 レンタルサーバについては、ロリポップのライトプランが月額330円(1年プラン、税込)で 160GB といい感じの価格・容量だったので、試してみることにした。こちらの記事を参考にしました:「NextCloud をロリポップ!レンタルサーバーに設置し、自分専用クラウドストレージとして活用する

 まず、ロリポップのライトプランを契約する。お試し期間を使うつもりだったけど、正規契約すれば無料ドメインが1個ついてくる、というサービスがあったので、最初から本契約してしまった。初期費用と1年分で、5,610円。

 おまけのドメインを設定して、無料 SSL を有効にする。これで、https 接続できるようになる。これらは、あとでごちゃごちゃいじるんじゃなくて、最初から設定しておきたい。(これをやりたかったから、最初から本契約してドメインをもらった)

20211011-2.jpg

 インストール中は、WAF (Web Application Firewall) と海外アタックガードを「無効」にする。

20211011-3.jpg

 あとでデータベースを使うので、MySQL データベースを作成しておく。(ロリポップのライトプランでは1個しかデータベースを作れないので、他の目的でも使う場合はスタンダードプラン以上が必要です。)

20211011-10.jpg

 管理画面から FTP を開いて、インストール用のディレクトリを作る。ロリポップって、サービスの名前からしてそうなんだけど、妙に「ポップ」な雰囲気が、どうも好きじゃないんですよね……まあサービスの中身には関係ないので、ここは我慢するしかない。

20211011-1.jpg

 Nextcloud の Web Installer を入手する。Nextcloud のトップページから "Get Nextcloud", "Server packages", "Web Installer" を選び、"Right-click here" とあるところを右クリックして、setup-nextcloud.php として保存する。

20211011-4.jpg

 最初に作った「インストール先のディレクトリ」に setup-nextcloud.php をコピーする。

20211011-5.jpg

 ブラウザで、セットアップ用スクリプトにアクセスする。https://xxxxxx.yyy.jp/zzzzzz/setup-nextcloud.php のような URL になる(xxxxxx.yyy.jp が契約したロリポップサーバのアドレス、zzzzzz がインストール先のディレクトリ名)。「Next」を押す。

20211011-6.jpg

 インストールするディレクトリ名を聞いてくるので、"."(ピリオド1個=現在のディレクトリ)を指定する。「Next」を押す。

20211011-7.jpg

 1分ぐらいでインストールが完了する。「Next」を押す。

20211011-8.jpg

 「管理者アカウントを作成」する画面になる。ここで、デフォルトでは SQLite を使う設定になっている。

20211011-9.jpg

 「ファイルの同期にクライアントを使用している場合、SQLite の使用はお勧めしません」と書かれているので、MySQL に切り替え、先ほど作成したデータベースのユーザー名・パスワード・データベース名・ホスト名を入力する。

20211011-11.jpg

 「推奨アプリをインストール」をチェックして、「セットアップを完了します」をクリック。アプリインストール中の画面になる。

20211011-12.jpg

 ここでこんなエラーが出ることがあります。これ、なぜか URL からホスト名が欠落している。https:// の直後にホスト名を挿入してアクセスすると、上と同じ画面になります。

20211011-13.jpg

 こんな画面が出てくる。これは Nextcloud の機能を紹介するものなので、クリックして先に進む。

20211011-15.jpg

 いくつか紹介画面を飛ばし読みしたら、起動画面にたどりつく。この時点で、サーバ容量のうち 842.6 MB を消費していました。けっこうでかいな。

20211011-14.jpg

 ファイルの同期のやり方です。まず、クライアントアプリを Mac(Windows でも同じ)にインストールして、起動します。「あなたの Nextcloud にログイン」をクリック。

20211011-16.jpg

 サーバのアドレス https://xxxxxx.yyy.jp/zzzzzz/ を入れる。

20211011-17.jpg

 ブラウザが開いて、ログイン認証を求められる。指示に従って進める。

20211011-18.jpg

 認証が通ると、最初の設定画面になる。ここは「フォルダー設定をスキップ」でいったん先に進める。

20211011-19.jpg

 空っぽの設定画面になるので、「同期フォルダーを追加」をクリック。

20211011-20.jpg

 パソコン上のフォルダを指定する。

20211011-21.jpg

 リモート側のフォルダを指定する。Documents の下にフォルダを作成すればよい。日本語の名前でも大丈夫です。

20211011-22.jpg

 同期が始まります。

20211011-23.jpg

 ときどき「503 Service Unavailable」が出ます。1〜2 GB ごとぐらいに出るみたい。サーバ側に何らかの通信量制限があって、アクセスを一時的に拒否されていると思われる。少し経つと自動的にリトライしてくれるので、任せる。やがて同期完了。約 10 GB で 40 分ぐらいかかった。

 インストール中に外したセキュリティ設定のうち、「海外アタックガード」は「有効」に戻して大丈夫です。WAF は「無効」のままにしておかないといけないようです。「有効」にすると、意味不明なエラーが大量に出ます。

 ちょっと使ってみた感触だと、ローカルのファイルを修正するとすぐに同期してくれる。2台以上の PC から1つのフォルダに同期していても大丈夫。Mac と Windows 混用も問題なし。ただし、サーバの能力がそんなに高いわけじゃないので、あくまで1人で複数箇所から使う、という運用です。まずまず使えそうなので、しばらく使い続けてみます。

Posted at 2021年10月12日 23:13:35

2021年10月11日

紅林の死球と千賀のコメント

 吉田正尚の骨折離脱をカバーすべく奮闘していた若武者の一人、紅林が千賀から死球を受けた。タフな紅林が悶絶し、即交代になったことから見て、状況はかなり悪そう……

 死球で長期離脱になった場合は、相手投手またはチームに対して何らかのペナルティが必要なんじゃないでしょうかね。そうでないと、報復合戦になってしまう。たとえ、チームとしてそんな暴力的なことはしたくないと思っていても、血の気の多い観客が許さないかもしれないしね。

 「危険球」には一定の基準があって、該当すると審判が判断したらその場で退場ですよね。死球の場合は、病院で診察を受けないとわからない場合もあるから、数週間の出場停止とか、そういうことになるのかも知れません。どういうペナルティが適切かは関係者でよく議論してほしい。プレイ中のルールとしての「一塁にランナーを生かす」よりも、もう少し重い対応が必要なんじゃないかと思います。

 千賀投手は、「8勝目は素直に喜べない。紅林選手は骨折していると思う。紅林選手のファンとして思うところはある」という趣旨のコメントをしたそうです。これに対して、一部のバファローズファンが怒っているようだけど、私はこのコメントには少し救われた気持ちになりました。千賀投手は「相手をつぶして戦力を削ぐ」などという野蛮で下劣な考えを持っていないと信じたかったのです。言葉はうまくなかったかも知れないけど、気持ちは汲んであげたい。直後の満塁のピンチを脱した時のガッツポーズも批判されていますが、プレイ中は興奮状態だから、そういうこともあるでしょう。昨日の牧原選手が負傷退場した時だって、バファローズのベンチは大喜びしとったじゃないか。試合中はまあしょうがない。だから、試合が終わった後に、どういうコメントをするかなんですよ。私はバファローズファンの一人として、千賀投手の気持ちを受け入れたいし、紅林選手が早期に復帰することを千賀投手とともに祈りたいと思います。(合わせて、牧原選手の早期の復帰も祈りたいです。)

タグ:野球
Posted at 2021年10月11日 00:06:54

2021年10月07日

ドラゴンズ山井投手引退

 ドラゴンズの山井投手が引退会見したそうです。20年在籍して、335試合62勝70敗20セーブ。先発・中継ぎ・抑えといろいろやってたけど、やっぱり先発投手として、「たまに」とんでもなく凄いピッチングをするのが、印象的でしたね。当然、誰もが思い出すのが「あの」試合、2007年の日本シリーズ第5戦です。山井・岩瀬の継投で日本シリーズ制覇、プラス「継投完全試合」の大きなおまけつき。

 あの試合での継投について、最近「山井は最初は『行けます』と答え、直後に森コーチに『やっぱり岩瀬さんでお願いします』と言った」と語られるようになってきましたね。

「どうする?」と尋ねられた山井は「行けます」と即答した。うなずいた森コーチは奥へと歩きかけていた。

「今でも情景は覚えています。僕の横に谷繁さんがいて、僕は森さんの背中に声をかけたんです。『すいません。岩瀬さんでお願いします』と」

「〈引退〉語り継がれる中日・山井大介の日本シリーズ“完全試合未遂” 「もう一度あの日に戻れるとしたら?」と問われて明かした答えは…」小西斗真、Number Web

だが、その「交代してください」の直前、山井は実はこう答えていた。

「行きます」

森コーチが山井に背を向けてベンチの端にいる落合監督の元へ向かおうとした瞬間に「あっ」と思って、何秒後だろうか、「森さん、ちょっと待ってください」と呼び止めて「岩瀬さんで、お願いします」と言い直したのだ。「行きます」も「岩瀬さんで」の言葉も本心だった。

「引退の中日・山井大介、幼なじみ記者だけが知っている日本S“完全降板”の真相…森繁和コーチに伝えた言葉とは…」菊地陽子、スポーツ報知

 菊地陽子さんの「『行きます』も『岩瀬さんで』の言葉も本心だった。」の一文が味わい深い。かの名記事、「未完の完全試合。山井大介”決断”の理由」にも、山井自身の言葉が紹介されていますね。

岩瀬さんで締めてもらって勝つのがいいという考えが8割、いや7割5分かな。2割から2割5分は最後まで投げて完全試合に挑戦したいという気持ち。単純に一色ではありませんでした。

「未完の完全試合。山井大介”決断”の理由」阿部珠樹、Sports Graphic Number More

 「投げてみないとわからない」ところも含めて、何だか親近感を持ってしまう選手だった。引退会見に、その日先発予定だった大野雄大がわざわざ駆けつけるあたり、後輩にも慕われていたんだろうなと思う。ところで、この日は勝たなあかんやろ大野雄大。満塁ホームラン打たれてる場合とちゃうで。

タグ:野球
Posted at 2021年10月07日 22:53:32
email.png