Alchemusica

1. 概要

 Alchemusica は Mac OS 10.5 以上で動作する MIDI シーケンサです。ピアノロールタイプの編集ができます。

 イベントリスト(数値入力)編集も一応できるようになっています。

 AudioUnit 版のソフトシンセをロードして、MIDI の出力先にすることができます。

 作者はかつて Vision のユーザーだったため、Vision が開発終了になってしまったことを大変残念に思っていました。また、MIDIGraphy もサブ的な位置づけで愛用しておりましたが、これまた開発終了となっているようです(公式のアナウンスがあったかどうかはわかりませんが、そもそも OS X 版が存在していない)。

 嘆いていても仕方がないので、自分で作り始めました。2004 年頃にようやく形になり始め、2011 年に sourceforge.jp(現 osdn.jp)で公開した頃には、いろいろ問題があるものの一応楽曲制作に使えるようになってきました。実際、Alchemusica で一から制作した MIDI データも公開しています。

MIDI データはこちら

 まだまだ Vision はもちろん、MIDIGraphy にも遠く及ばないレベルではありますが、高価な DAW を購入せずに MIDI で遊んでみたい、というニーズは満たせるのではないかと思っています。

2. 仕様

インポート可能なファイル形式
標準 MIDI ファイル(フォーマット1)
タイムベース
上限 32767
トラック数
上限 32767
出力可能な MIDI 装置
Mac OS X の CoreMIDI に対応しているもの。ソフトウェア音源(内蔵の DLS シンセサイザーを含む)は8ポートまで同時に使用できる。
同時出力可能なポート数
上限 32767
演奏機能
トラックごとのミュート機能
曲中の任意の場所からの演奏。この際、開始点以前にあるシステムエクスクルーシブ・コントロールチェンジなどを演奏開始前に送信することができる。
編集機能
グラフィックウィンドウ(ピアノロール、ストリップチャート)での編集
イベントリストウィンドウでの編集
回数無制限のアンドゥ
複数トラックにまたがったコピー・ペースト
録音機能
MIDI録音。オーバーダブ、リプレースを選択可能。録音先は、既存トラックと新規トラックを選択可能。
オーディオ録音。ファイル名を指定して書き出すのみで、トラック内にオーディオデータを組み込むことは(まだ)できない。
スクリプト編集
Ruby インタプリタを内蔵、スクリプトを用いた自動編集が可能。(実は 0.6.3 以降、正常に動いていません。そのうち修正します)

3. ライセンス

 Alchemusica は Toshi Nagata(永田 央)の著作物です。GPL (GNU Public License) の下で配布しており、GPL に定められた条件のもとで利用・改変・再配布が可能です。詳しくは、GPL (日本語訳はこちら)を参照してください。

4. 履歴

2016/04/02 Version 0.6.4

2015/04/12 Version 0.6.3

2012/08/16 Version 0.6.2

2012/01/21 Version 0.6.1

 (バージョン 0.6 以前の履歴は 更新履歴 のページを参照)。